私たちのリハビリテーション

常に高いゴールを目指し挑戦していくことが、より多くの方々が
再びいきいきと暮らしていけることにつながると思うのです。

運悪く病気やけがで障害を負ってしまったとしても、再び社会で活躍すること、日々いきいき暮らすことをあきらめるのは早すぎます。完全に元に戻ることが難しい場合も、障害を背負った患者様自身が、ご家庭へ帰った後の姿をしっかりとイメージして、そこへ近づくために必要な訓練と準備をする、これをするとしないとでは大違いです。

とはいえ、一体何をどうしたら良いのか、ひとりでは途方に暮れることも多いはず。そんな患者様をお手伝いするのが、私たちのご提供するリハビリテーション医療です。

人体には未知の部分も多く、潜在的な回復力・成長力をどこまで引き出せるか、どうやればより大きな力を引き出せるか、研究が続けられています。これだけやれば済むような方程式はありません。私たち医療者も、常に患者様自身に最適な方法を探り、昨日よりも今日、今日よりも明日と、少しでも良い結果が出せるよう挑戦し続けることをお約東します。

東京湾岸リハビリテーション病院 院長
近藤 国嗣
リハビリテーション科専門医・指導医 / 医学博士
日本リハビリテーション病院・施設協会常務理事
回復期リハビリテーション病棟協会理事
全国デイ・ケア協会理事