入院から退院までのながれ

回復期のリハビリは、疾患によって生じた障害や、入院中の安静に伴う筋力低下などによって生活の自立に困難を生じた患者様を対象に日常生活動作をを改善させることを目的としています。

これは単に失った機能の改善を図るだけでなく、不幸にして障害が残ったとしても医学的介入や社会福祉資源、心理的サポートなどあらゆる手段を用い目的達成を目指すことを意味します。

このように回復期のリハビリが対象とする領域は多岐に渡ることから1人の人間でその目的を達成することはできません。
そこで、リハビリテーション科医師の医学的管理および治療計画のもと理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、看護師、介護福祉士、ソーシャルワーカー(MSW)といった各専門職種が協力して患者様やご家族の生活改善のため一丸となって取り組みます。

入院相談

入院相談

リハビリテーション科医師による病状及び今後のリハビリテーションの説明を行ない、医療ソーシャルワーカーが、ご本人やご家族の思い、ご希望を伺います。

入院当日

総合受付にお越しください。係の者が病棟までご案内し、病棟で担当看護師が院内での生活についてご説明いたします。
ご本人、ご家族のご希望やお考えを遠慮なくお聞かせください。

入院当日
入院時診察検査

入院時診察・検査

リハビリテーション科医師が、患者様を診て、ご本人やご家族のご希望に近づけるために何が必要か検討し、理学療法、作業療法、言語聴覚療法などの治療計画を作成します。


入院後、安全にリハビリが行えるように、また、脳卒中や骨折の再発を予防するために、入院時に超音波検査や血液検査、レントゲンやCT検査などの様々なスクリーニング検査を行います。

入院生活

時間を定めて行われる各療法以外にも院内の日常生活すべてを生かすよう、各療法士と看護部が共同でプログラムを作成し、 積極的な離床、患者様それぞれに応じた目標を達成できるよう目指します。

入院生活
退院にむけて

カンファレンス

医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ソーシャルワーカーが、定期的に集まって話し合い、プログラムの達成度を確認すると共に、新たに目標を設定していきます。

公共交通機関を利用した応用歩行練習

退院後の生活を想定し、患者様の必要性に応じて、公共交通機関を利用した応用歩行練習を行うことがあります。

また、退院する前に自宅内で安全に過ごすことが出来るか、試験的な外泊を行っていただく場合がございます。

家族指導・家屋評価
家族指導・家屋評価

家族指導・家屋評価

ご自宅に復帰するにあたり、患者様・ご家族様が安全に、安心して暮らしていけますよう家族指導と家屋評価を行います。

患者様が退院後に必要となるケアやリハビリにつきまして、各専門職よりご指導いたします。

お住まいの地域や必要性に応じて、自宅内の環境整備(手すりの設置、福祉用具の導入など)や介護保険サービスの調整を行います。

退院

入院でのリハビリは卒業です。介護保険サービスなど様々なサポートがありますので、上手に利用して、生活の中でもリハビリを継続し、機能を落とさないように頑張ってください。



退院
社会復帰

社会復帰

当院では医師が必要と判断した際は、外来でのリハビリ実施も実施しております。医療保険のリハビリ期間が終了してしまった場合でも、介護保険適用のデイケアで続けることができます。