入院中の過ごし方

生活の場が充実した時間に満たされるように一人ひとりの「生活」の実現を目指し、様々な解決方法を提案していきたいと思います。ご入院中の過ごし方について一例を掲載しておりますのでご参考になさってください。

起床/洗面

洗面し身だしなみを整えることは、一日の始まりとしてとても重要です。
生活動作を工夫して少しでも自分で出来ることを増やしましょう。
起床/洗面

朝食/歯磨き

病棟内の食堂で召し上がっていただきます。訓練以外もなるべくベッドから離れて生活のリズムを作っていきましょう。

朝食/歯磨き

昼食/歯磨き

食べることは生きること。清潔で明るい雰囲気の中、一人ひとりの状態に合わせたおいしい食事をご提供いたします。毎日の楽しみになるはずです。

土曜日の昼食には、患者様とご家族が一緒にお食事できるサタデーランチを実施しています。
昼食/歯磨き

入浴

機能に応じた入浴訓練を行います。
ストレッチャー浴、リフト浴、一般浴を準備しております。
※入浴時間の指定はできません。

一般浴評価

家族との時間

ご家族の面会は患者様にとって入院生活の心の支えとなります。
患者様とご家族様がご一緒にお食事やティータイムを過ごせるような準備をさせていただいておりますので是非ご利用ください。

館内のご案内

就寝

今日もお疲れ様でした。
最後にパジャマに着替えていただきます。
くつろいだ状態でゆっくりお休みください。
就寝
着替え

着替え

まずは洋服に着替えるところから。
いつまでもパジャマだと生活にメリハリがつきません。
毎日の着替えは機能回復の訓練になりますし、気分もリフレッシュします。
理学療法
作業療法
言語療法

リハビリテーション

病棟や1階リハビリセンターで、一人ひとりの状態に合わせたプログラムを担当のスタッフが責任をもって行います。

病気やケガにより、日常生活を送るうえで必要な起き上がる、座る、立つ、歩くなどができなくなった方に対して、再び安全に日常生活が送れるように支援する療法です。



日常生活活動・家事・仕事・余暇活動といった患者様一人ひとりにとって重要な「作業」に焦点を当て、生活の再構築を支援します。




脳梗塞や脳出血などの脳血管障害のほか、事故による頭部外傷、神経疾患などによっておこる言語障害や嚥下、高次脳機能障害に対して訓練を提供しています。
理学療法

夕食/歯磨き

患者様のお食事は、お一人おひとりに合わせたエネルギーで提供しています。明日もしっかりリハビリに励めるように残さず食べましょう。



※あくまでも一例です。