>
>
>
作業療法科
 
作業療法の目標
  ○ 日常生活動作の自立
  ○ 家事・仕事への復帰
  ○ 上肢機能の回復
 作業療法では、腕や手指の運動や日常生活動作、家事・仕事・趣味・学業などの「作業」を訓練として行うことによって、一人ひとりの能力を最大限に
生かす生活の再構築をお手伝いします。
 その方の状態に応じて治療プログラムを立案し練習を行います。例えば、腕や手指に麻痺がある方には治療道具を用いた握りやつまみの練習、
着替えやトイレに行くことが難しい方には自立を促す練習、調理や洗濯などの家事練習、屋外での交通機関の利用や買い物の練習等を、退院後の
生活での必要性やその方の回復に応じて治療プログラムの見直しを行いながら段階的に作業療法を進めてゆきます。
 特に当院では浴室、トイレ、洗面所のシミュレーション装置を用いて、部屋の広さや段差などご自宅の状況に近づけて動作や介助の練習を行うことが
できます。また、必要に応じご自宅を訪問して家屋評価や家屋改造指導を行っています。
 病気やケガのために入院が必要になった方にとって、退院後に一人ひとりの能力を最大限に生かす生活が送れること(生活の再構築)が、ご本人と
ご家族の安心と健康につながると考えております。
 
 作業療法室
 
 1階のリハビリセンター内と2階に作業療法室があります。1階のリハビリテーションセンターには浴室、トイレ、洗面所のシミュレーション装置があります。また、各階に調理訓練室があります。
1階作業療法
各種検査道具、訓練道具、シミュレーション装置を
備えています。
2階作業療法室
各種検査道具、訓練道具を備えています。
調理訓練室
各階に調理訓練室があります。
 
 日常生活動作の自立
 
 日常生活動作の練習として食事や着替え、トイレなど身の回りの日常生活動作を作業療法士と一緒に練習し、病棟生活や自宅でもできるだけ一人で行えるようサポートしていきます。
 
ご自宅を訪問しての家屋評価
退院前に、理学療法士、医療福祉相談員、ケアマネージャー、工事業者などとともにご自宅に伺い、ご自宅の改造方法や福祉用具の導入、動作方法・介助方法、介護保険
サービスの利用について検討を行います。
 
 上肢機能訓練
 
 握りや開きの練習や治療道具を使った練習を行います。
 
指先でのつまみの練習
指先の細かい動きの練習です。
両手動作の練習
麻痺のある手と協調した動きを引き出します。
ポータブルスプリングバランサーを用いた練習
腕を空間に持ち上げる力をポータブルスプリング
バランサーで補助しています。「目標の物に手を届
かせて握り、別の目標まで運んで置く」練習です。
 
 HANDS(ハンズ)療法
 
 
 脳卒中により指の伸展(指を開く)運動が困難となっている方の上肢機能の改善を
目的に、随意運動介助型電気刺激装置と手関節装具を組み合わせたHANDS 療法
を実施しています。この治療法は、 ADL が自立し、比較的腕の動きが良好の方に用
いられます。一日 8 時間の HANDS 療法を実施し、その間、患者様が自ら積極的に
麻痺側上肢を使用する(運動する)ことによってより良好な改善を促します。