>
>
リハビリテーション研究部
     
 
 
リハビリテーションは、以前に比べて、治療、システムとも格段の進歩をしています。
医療は常に進歩を続ける必要があります。特に、リハビリテーションは、他の医療に比べて比較的新しい分野の医療であり、今後さらなる飛躍が期待されています。
当院では、よりよい医療技術の開発・推進のために、リハビリ研究室を病院開設と同時に設けました。 
  
従来の病院の研究室というのは、病院関係者らが利用するのみで「閉じた研究室」であることが多いですが、当院では、大きく発想を転換し、「開かれた研究室」を目標としています。
リハビリテーション医学の研究の発展には、臨床家のみならず、神経科学、運動学、リハビリテーション工学、心理学など幅広い分野の専門家が自由に集う環境が必要です。
当研究室では、国内外の英知を集結できるように、オープンな研究環境を提供し新しい発想の研究を推進・サポートしています。
すでに海外を含めいくつかの大学や研究機関の方々が研究をはじめられています。
   
リハビリテーションは、動くこと(動的機能)を観察評価し、動くことを通じて、できないことをできるようにして、生活することをサポートする医療です。
したがって、研究機器もさまざまに動く人間の機能を正確に計測したり、治療したりできるものでなくてはなりません。
当研究室で使用できる機器には、脳の活動を計測するものとして、脳波、磁気刺激装置、光トポグラフィー、fMRI、拡散テンソルなどの脳機能イメージング、また、三次元動作を
解析する装置として、オプトトラック、歩行分析装置、そのほか電気刺激装置など大学の研究室に劣らない設備を整えております。
 
磁気刺激装置
 
オプトトラック 
 
拡散テンソル
 
functional MRI
光トポグラフィーによる歩行時の脳活動の計測
床反力計内蔵型スプリットトレッドミル
その他の研究機器 
3次元動作解析装置
ストレングスエルゴ
床反力計( 懸垂機構付き)
呼気ガス分析装置
床反力計内蔵型スプリットトレッドミル
多機能筋力測定器 (BIODEXV)
  (免荷装置機能付き)
経頭蓋直流電気刺激(tDCS)
小型無線加速度計
経頭蓋磁気刺激装置(TMS)
足圧分析装置
遠赤外線光脳イメージング装置
重心動揺計
自覚的視性垂直位測定装置
マルチテレメーター
磁気共鳴画像装置
表面筋電図
下肢痙縮測定装置  など
   
研究の成果は、常に還元していく必要があります。
研究室で得られた新しい知見は、安全で有効である治療法と証明された後、患者さんに還元していきます。
  
 
 
 
 
 
 
 
 
   
   
当院のリハビリ研究室での研究に興味のある方は、ふるって御連絡ください。
病院に連絡の上、担当:大高まで。