>
>
>
2010年度発表一覧
 
 
■2010年度発表一覧
 
■国内講演等(シンポジウム等含む)
講演者
演題名
学会名
開催地
近藤 国嗣
〜リハビリテーションの現状と今後の展望〜
【東京湾岸リハビリテーション病院の取り組みと
今後の展望】:「東京湾岸リハ病院における回復期
リハの運営と千葉県における地域連携・リハ医療に
おける役割」
鹿児島リハビリテーション研修会
  厚地脳神経外科
2010年5月
鹿児島
大高 洋平
東京湾岸リハビリテーション病院:臨床・教育・研究
の実際
鹿児島リハビリテーション研修会
  厚地脳神経外科
2010年5月
鹿児島
近藤 国嗣
「リハビリテーション看護と回復期リハビリテーション
病棟について」「摂食・嚥下リハビリテーション」「神経
因性膀胱について」「看護師でもできるリハビリテー
ション」
青森中央短期大学看護学科
特別講義
2010年6月
青森
大高 洋平
高齢者の転倒・骨折予防
第5回両毛地区症例検討会
特別講演会
2010年6月
群馬
近藤 国嗣
脳卒中医療における地域連携と回復期リハビリ病棟
の役割  
ー千葉県における取り組みを通してー
いちき串木野医師会学術講演会
2010年7月
いちき
串木野市
近藤 国嗣
ご存知ですか?千葉県版地域生活連携シート
― 目的と使い方―
地域生活連携シートの実際の使い方
第47回千葉県介護支援専門員
協議会研修会
2010年7月
千葉市
近藤 国嗣
リハビリテーション医療とNST
だいなリハビリクリニック
2010年7月
大田原市
近藤 国嗣
SIAS(stroke impairment assesment set)の 実際
社団法人千葉県国民健康保険
直営診療施設協会リハビリ部会
研修会
2010年7月
千葉市
近藤 国嗣
地域生活連携シートの実際の使い方
東葛南部地域リハビリテーション
研修会
2010年9月
船橋市
近藤 国嗣
リハ医が行う摂食・嚥下障害の取り組み
―急性期病院と回復期病院の特性―
千葉県耳鼻咽喉科医会 講演会・
総会
2010年10月
千葉市
近藤 国嗣
シンプルかつ戦略的に脳卒中片麻痺患者のリハを考える
高知県理学療法士会
2010年10月
高知市
近藤 国嗣
摂食嚥下チームを中心としたNSTの構築
―急性期病院とリハビリ病院での実際― 
山鹿植木栄養勉強会
2010年10月
山鹿市
近藤 国嗣
介護職が知っておきたい体の仕組み
木更津市ケアマネジメント研究会
2010年11月
木更津市
大高 洋平
高齢者の転倒予防 転倒・骨折の実態と予防戦略
関西看護ケア研究会
2010年12月
神戸
大高 洋平
リハビリテーション医療の現実と脳工学への期待
脳工学セミナー、社会に活かす脳工学―福祉・臨床現場の知恵と脳工学の知恵の融合をめざして,名古屋工業大学
2010年12月
名古屋
近藤 国嗣
医療連携を推進するには―千葉県における脳卒中連携を通して―
千葉県歯科医師会
歯の健康力推進歯科
医師等養成講習会
2010年12月
千葉市
近藤 国嗣
千葉県共用脳卒中地域連携パス( CAMP-S):回復期リハ病院
より施設等へのパスとしての利用のお願いについて
第2回 千葉県脳卒中連携の会
地域生活期部(施設 ) 分科会
2011年2月
幕張
大高 洋平
退院後の生活スタイルやリハ資源を考慮したうえでのゴール設定
第2回千葉県脳卒中連携の会
時期別分科会
2011年2月
幕張
川野 靖江
回復期から地域生活期における現状
〜県共用脳卒中連携パスを使用して
第2回千葉県脳卒中連携の会
2011年2月
幕張
岩本 聡志
回復期リハ病院における千葉県共用脳卒中パスの活用について
第2回 千葉県脳卒中連携の会
2011年2月
幕張
近藤 国嗣
地域で生きるををみんなで知 ろう「回復期 リハビリテーション
病棟(病院)その強みと弱み」
千葉大学医学部付属病院地域
連携部
2011年2月
千葉市
近藤 国嗣
摂食・嚥下リハビリテーション 総論
平成22年度千葉県歯科医師会
摂食嚥下講習会
2011年2月
千葉市
 
■国際学会発表
発表者
演題名
学会名
年月
開催地
Yamaguchi T, Fujiwara T, Saito T,
Tanabe S, Muraoka Y, Osu R,
Otaka Y, Kimura A, Liu M
Short-term effects of transcutaneous electrical stimulation
combined with locomotion-like movement on reciprocal inhibition
in healthy persons
The 6th World Congress
for neurorehabilitation
2010年3月
Vienna
Mitsuru Takahashi, Kotaro Takeda,
Yohei Otaka, Rieko Osu, Takashi
Hanakawa, Manabu Gouko, Koji Ito
Case study of EEG (electroencephalogram) - FES (functional
electrical stimulation) system for stroke rehabilitation
The 4th International
Measurement Confederation
(IMEKO)TC 18 Symposium on
Measurement, Analysis and
Modelling of Human Functions.
2010年6月
Prague
Kaoru Honaga , Toshiyuki Fujiwara,
Yohei Otaka, Rieko Osu, Tetsuya
Tsuji, Kunitsugu Kondo, Kimitaka
Hase, Akio Kimura, Meigen Liu
Changes of interhemispheric inhibition and intracortical inhibition
induced with bilateral and unilateral finger movement in healthy
adults
29th International Congress of
Clinical Neurophysiology. Kobe
2010年10月
Kobe
Yamaguchi T, Fujiwara T, Saito T,
Tanabe S, Muraoka Y, Osu R,
Otaka Y, Kondo K, Kimura A, Liu M
Effects of transcutaneous electrical stimulation combined with
pedaling exercise on spinal interneurons in healthy persons
29th International Congress of
Clinical Neurophysiology. Kobe
2010年10月
Kobe
Taichi Kurayama, Tomofumi
Yamaguchi, Zen Komiya, Yohei
Otaka, Kotaro Takeda, Rieko Osu,
Shigeo Tanabe, Kunitsugu Kondo,
Daisuke Matsuzawa, Eiji Shimizu
Motor task difficulty and brain activity: Investigation of the wolf
motor function test using near-infrared spectroscopy
Neuroscience2010
2010年10月
San Diego
Kotaro Takeda, Kahori Kita, Yohei
Otaka, Junichi Ushiba, Rieko Osu
Development of a pinch pressure feedback system with FES
for sensory disorder
Neuroscience2010
2010年10月
San Diego
Yamaguchi T, Fujiwara T, Tanuma
A, Tanabe S, Takeda K, Osu R,
Otaka Y, Kondo K, Liu M
Cortical activation during pedaling in patients with stroke
Neuroscience2010
2010年10月
San Diego
K. Takahashi, K. Domen, K.
Hachisuka, T. Sakamoto, M.
Toshima, Y. Otaka, M. Seto, K. Irie,
B. Haga, T. Kimura
Upper Extremity Robotic Therapy is Effective in Post-stroke
Hemiplegia: a Randomized Controlled Trial
International stroke conference
2011
2011年2月
Los
Angeles,
California
 
■国内学会発表
発表者
演題名
学会名
年月
開催地
古口 徳雄,近藤 国嗣,小沢 義典,
三品 雅洋,烏谷 博英,片山 正輝,
内藤 博道,松永 高志
千葉県における脳卒中地域連携:全県共用パス2年目の取り組み
第35回脳卒中学会総会
2010年4月
盛岡市
近藤 国嗣,數田 俊成,大高 洋平,
忽那 岳志,新城 吾朗,辻川 将弘,
當山 峰道,里宇 明元
回復期リハ病棟における肥満例の基礎エネルギー消費量の評価
Harris-Benedictの式と間接熱量計との比較
第47回日本リハビリテーション
医学会学術集会
2010年5月
鹿児島
大高 洋平,近藤 国嗣,辻川 将弘,
當山 峰道,新城 吾朗,忽那 岳志,
數田 俊成,里宇 明元
回復期リハビリテーション病棟における脳卒中患者の転倒時の
動作能力
第47回日本リハビリテーション
医学会学術集会
2010年5月
鹿児島
新城 吾朗,大高 洋平,辻川 将弘,
當山 峰道,忽那 岳志,數田 俊成,
近藤 国嗣,里宇 明元
回復期脳卒中患者における肩関節可動域の変化と関連する因子
第47回日本リハビリテーション
医学会学術集会
2010年5月
鹿児島
當山 峰道,大高 洋平,荒木 康智,
辻川 将弘,新城 吾朗,忽那 岳志,
数田 俊成,近藤 国嗣,里宇 明元
脳卒中患者における自覚的視性垂直位と静止立位時重心動揺
との関連
第47回日本リハビリテーション
医学会学術集会
2010年5月
鹿児島
辻川 将弘,大高 洋平,當山 峰道,
新城 吾朗,忽那 岳志,數田 俊成,
近藤 国嗣,里宇 明元
左室駆出率低下を有する回復期脳卒中患者のリハビリテーション
帰結
第47回日本リハビリテーション
医学会学術集会
2010年5月
鹿児島
児山 遊,朝比奈 正人,大高 洋平,
近藤 国嗣
記憶障害、発動性低下を呈した左尾状核頭部出血に対する
塩酸セレギリンの治療効果
第47回日本リハビリテーション
医学会学術集会
2010年5月
鹿児島
相原 孝次,武田 湖太郎,安田 恒,
大高 洋平,田中 悟志,花川 隆,
本田 学,佐藤 雅昭,川人 光男,
大須 理英子
運動課題中のEEGデータから脳内電流源をベイズ推定する
第4回生理学研究所Motor Control
研究会
2010年5月
岡崎
武田 湖太郎,安田 恒,相原 孝次,
北 佳保里,大高 洋平,
大須 理英子
脳卒中片麻痺例における運動負荷に依存した脳活動のLaterality
第4回生理学研究所Motor Control
研究会
2010年5月
岡崎
山口 智史,藤原 俊之,齋藤 慧,
田辺 茂雄,村岡 慶裕,齋藤 慧,
小宅 一彰,大須 理英子,
大高 洋平,近藤 国嗣,里宇 明元
ペダリング運動と経皮的電気刺激の併用治療の 効果
第45回日本理学療法学術大会
2010年5月
岐阜
吉田 太樹 ,武田 湖太郎 ,
熊谷 将志 ,大須 理英子 ,
大高 洋平
近赤外線分光法(NIRS)を用いた心的回転課題時の脳賦活量の
検討
第44回日本作業療法学会
2010年6月
仙台
大江 陽子,坂田 祥子,坂上 幸子,
佐藤 雅哉 , 大高 洋平
脳卒中片麻痺患者の排泄を構成する動作の難易度
第44回日本作業療法学会
2010年6月
仙台
佐藤 雅哉,坂田 祥子,森井 展子,
大江 陽子 , 大高 洋平
脳卒中片麻痺患者の移乗を構成する動作の難易度
第44回日本作業療法学会
2010年6月
仙台
坂田 祥子,浦川 佳奈,武田
湖太郎 ,大須 理英子,大高 洋平
集中訓練前後の脳卒中片麻痺患者のリーチ動作における体幹
代償の変化
第44回日本作業療法学会
2010年6月
仙台
渡辺 望,小田柿 誠二,古橋 玲子,
栗原 明子,大石 斐子,夏目 彩可,
吉原 直子,数田 俊成,大高 洋平,
立石 雅子
注意障害患者におけるレーヴン色彩マトリックス検査の成績の
検討
第11回日本言語聴覚学会
2010年6月
大宮
栗原 明子,小田柿 誠二,
古橋 玲子,渡辺 望,大石 斐子,
夏目 彩可,吉原 直子,辻川 将弘,
数田 俊成,大高 洋平,立石 雅子
脳梁損傷一例における早期発話訓練と経時的変化の検討
第11回日本言語聴覚学会
2010年6月
大宮
横山 明正,松永 玄,近藤 国嗣,
大高 洋平
脳卒中片麻痺患者に対するBalance Evaluation Systems Test
(BESTest) の使用経験 ―Berg Balance Scaleとの比較―
第45回 日本理学療法学術大会
2010年6月
岐阜
倉山 太一,川口 優子,
影原 彰人,須賀 晴彦
股関節を中心としたバランストレーニングが脳卒中片麻痺患者の
立位バランスに与える即時的効果
―Wiiボードを重心動揺計として用いて―
第45回 日本理学療法学術大会
2010年6月
岐阜
河本 尚子,小宅 一彰,
山口 智史,大高 洋平
歩行における重力の利用効率に関節運動制限が及ぼす影響
第45回 日本理学療法学術大会
2010年6月
岐阜
村神 瑠美,河村 美奈, 蜷川
菜々,山本 優理,鳥橋 茂子
ES細胞から作成した間葉系幹細胞の生体内における骨格筋
形成能
第45回 日本理学療法学術大会
2010年6月
岐阜
小宅 一彰 ,山口 智史,
田辺 茂雄,横山 明正,
近藤 国嗣,大高 洋平
小型無線加速度計を用いた歩行の重心運動評価
第45回 日本理学療法学術大会
2010年6月
岐阜
齊藤 慧,山口 智史,小宅 一彰,
田辺 茂雄,横山 明正,
近藤 国嗣,大高 洋平
ペダリング運動がヒラメ筋に対するIa相反抑制に及ぼす影響
第45回 日本理学療法学術大会
2010年6月
岐阜
加藤 誠,山口 智史,青木 直子,
横山 明正,近藤 国嗣,
大高 洋平
脳卒中片麻痺患者に対する通所リハビリテーションの開始時期
による効果の違い
第45回 日本理学療法学術大会
2010年6月
岐阜
佐々みさき,小野山 晶菜,
近藤 国嗣
千葉県における脳卒中地域医療連携のいま
第27回
リハビリテーション医療懇話会
2010年7月
東京
浅倉 奈津美,町田 敏,戸松 泰介,
田村 貴行,瀬下 寛之,麻田 康彦,
大高 洋平
22年間の間隔で両側に膝蓋腱断裂を生じた健常成年の1例
第59回東日本整形災害外科学会
2010年9月
盛岡
四方田 良子,森田 光生,
糸井 祥子,三村 聡男,大高 洋平
地域健常高齢者に対するBalance Evaluation Systems Test (BESTest) の使用経験
第29回関東甲信越ブロック
理学療法士学会
2010年9月
筑波
Kotaro Takeda, Wataru Yasuda,
Takatsugu Aihara, Yohei Otaka,
Masa-aki Sato, Mitsuo Kawato,
Rieko Osu
Load-dependent and abnormal lateralization during paretic finger
movement: A NIRS-EEG study
第33回日本神経科学会
2010年9月
神戸
Wataru Yasuda, Takatsugu Aihara,
Kotaro Takeda, Okito Yamashita,
Masa-aki Sato, Yohei Otaka,
Mitsuo Kawato, Rieko Osu
Brain imaging of motor control activity using EEG and a
combination of Hierarchical Variational Bayesian method and
Sparse Logistic Regression
第33回日本神経科学会
2010年9月
神戸
Tomofumi Yamaguchi, Toshiyuki
Fujiwara, Kei Saito, Shigeo Tanabe,
Yoshihiro Muraoka, Rieko Osu,
Yohei Otaka, Kunitsugu Kondo,
Meigen Liu
Effects of active pedaling exercise combined with electrical
stimulation on spinal interneurons in healthy persons
第33回日本神経科学会
2010年9月
神戸
Kei Saito,Tomofumi Yamaguchi,
Kazuaki Oyake,Shigeo Tanabe,
Yoshihiro Muraoka,Rieko Osu,
Kunitsugu Kondo,Yohei Otaka
Effects of pedaling exercise on disynaptic reciprocal Ia inhibition
in healthy persons
第33回日本神経科学会
2010年9月
神戸
田村 貴行,町田 敏,戸松 泰介,
瀬下 寛之,大貫 明美,増渕 良之,
影山 昌一,大高 洋平
人工膝関節全置換術(TKA)後に踵骨脆弱性骨折を合併した2例
第12回日本骨粗鬆症学会
骨ドック・健診分科会
2010年10月
大阪
田中 悟志,武田 湖太郎,
大高 洋平,北 佳保里,
大須 理英子,花川 隆,渡邊 克巳
経頭蓋直流電気刺激による慢性期脳卒中患者の下肢筋力増強
第40回日本臨床神経生理学会
学術大会
2010年11月
神戸
近藤 国嗣 ,小口 徳雄 ,
小沢 義典,三品 雅洋, 篠藤 仁
千葉県共用脳卒中地域連携パス(CAMP-S)の成り立ちと特徴
  〜回復期リハ病院の立場から〜
第11回 日本クリニカルパス学会
学術集会
2010年12月
松山 市
近藤 国嗣 ,篠遠 仁,永田 雅章,
宮越 浩一,佐藤 潤,荒井 泰助,
吉永 勝訓,梅津 博道,大森 啓造

回復期リハビリテーション病棟が必要とする情報を重要視して
作成した、千葉県共用脳卒中地域連携パス(CAMP-S)の成り立ちと特徴

全国回復期リハビリテーション
病棟協議会 第17回研究大会
2011年2月
長崎 市
若林 葉子,平 優佳,長利 裕子,
槌谷 良重,伊東 和子,近藤 国嗣,
大高 洋平
ナースの直感は回復期病棟での転倒を予測できるのか?
全国回復期リハビリテーシ
ョン病棟連絡協議会
第17回研究大会
2011年2月
長崎
齊藤 慧,山口 智史,田辺 茂雄,
菅原 憲一,横山 明正,近藤 国嗣,
大高 洋平
末梢神経電気刺激の刺激時間の違いが脳の可塑性変化に与える
影響
第2回 ニューロリハビリテーション
学会学術集会
2011年2月
愛知
松永 玄,山口 智史,田辺 茂雄,
菅原 憲一,近藤 国嗣,大高 洋平
電気刺激強度の違いが皮質内興奮性に及ぼす影響
第2回 ニューロリハビリテーション
学会学術集会
2011年2月
愛知
松木 朋子 ,小田嶋 さくら
回復期リハビリテーション 病院 における退院調整について
〜 円滑な退院調整への効果的なアプローチ〜
第29回 千葉県看護研究学会
2011年2月
千葉
岩本 聡志,田口 崇 ,武村 珠里 ,
加藤 雄太 ,小宅 一彰 ,大高 洋平
エコーを用いたアキレス腱長計測 における信頼性の検討
第16回 千葉県理学療法士学会
2011年2月
千葉
高橋 恵美 , 安田 真 章 ,
倉山 太一 , 大高 洋平
姿勢の違いがmental chronometryに与える影響
第16回 千葉県理学療法士学会
2011年2月
千葉
菅澤 昌史 ,齊藤 慧 ,井上 靖悟,
横山 明正, 近藤 国 嗣 ,
大高 洋平
膝関節LOCKINGを呈する脳卒中片麻痺患者に対する装具療法
と運動療法
第16回 千葉県理学療法士学会
2011年2月
千葉
栗田 実奈,倉山 太一,
田所 祐介,宮内 美緒 ,大高 洋平
片麻痺患者における膝歩き前後での歩行時筋活動の比較
第16回 千葉県理学療法士学会
2011年2月
千葉
中園 肇克 ,横山 明正 ,松永 玄 ,
田中 精一 ,近藤 国嗣 ,大高 洋平
脳卒中片麻痺患者に対する新 しいバランス評価
〜Mini-BESTestの 使用 経験 〜
第16 回 千葉県理学療法士学会
2011年2月
千葉
田所 祐介,倉山 太一,栗田 実奈,
宮内 美緒, 小宮 全 ,橋爪 善光,
大高 洋平
歩行および膝歩きの筋活動パターンの違い
第16回 千葉県理学療法士学会
2011年2月
千葉
村神 瑠美,大高 洋平,鎌田 浩志,
倉山 太一
健常成人における極めて遅い平地歩行の検討
第16回 千葉県理学療法士学会
2011年2月
千葉
重見 日菜子,大高 洋平,
井上 靖悟 , 近藤 国嗣
共同運動レベルの片麻痺走行
第16回 千葉県理学療法士 学会
2011年2月
千葉
後藤 悠人,河本 尚子,大高 洋平
膝歩き後の歩容変化が認められた脳卒中片麻痺患者の一症例
第16回 千葉県理学療法士学会
2011年2月
千葉
田中 精一,横山 明正,松永 玄 ,
中園 肇克 ,近藤 国嗣,大高 洋平
脳卒中片麻痺 患者の歩行能力とバランス能力との関連
第16回 千葉県理学療法士学会
2011年2月
千葉
熊谷 美咲,井上 靖悟,大高 洋平
装具使用により裸足歩行に改善がみられた片麻痺の一症例
第16回 千葉県理学療法士学会
2011年2月
千葉
薮崎 純樹 ,井上 靖悟,大高 洋平
ハイヒール着用を望む脳卒中軽度片麻痺患者の歩行分析
第16回 千葉県理学療法士 学会
2011年2月
千葉
中島 麻起子
食事動作能力拡大に向けて環境設定および課題の難易度調整
を必要とした軸索型ギランバレー症候群の1例
千葉県作業療法士会症例研究
2011年2月
千葉
渡辺 麻由
板つきまな板を作製し調理動作獲得へと至った左片麻痺の1症例
千葉県作業療法士会症例研究
2011年2月
千葉
篠田 真人
脊髄腫瘍により感覚障害を呈した症例に対して知覚再教育を
試み表在感覚の改善がみられた1症例
千葉県作業療法士会症例研究
2011年2月
千葉
戸田 愛 弓
随意運動介助型電気刺激装置(IVES)を用い上肢機能が改善した
慢性期脳卒中の1例
千葉県作業療法士会症例研究
2011年2月
千葉
平本 麻美
介護能力評価表を用いて家族指導を行った頭部外傷の1症例
千葉県作業療法士会症例研究
2011年2月
千葉
橋向 勇人
Locked in syndromeのコミュニケーション拡大に 向けて
〜視線入力装置使用による介護負担との検討〜
千葉県作業療法士会症例研究
2011年2月
千葉
勝見 陽子
在宅生活再獲得にむけて包括的介入を行った多発骨折の1症例
千葉県作業療法士会症例研究
2011年2月
千葉
原 一未
下肢装具用オーバーシューズの改良により歩行での行動範囲が
拡大した症例
千葉県作業療法士会症例研究
2011年2月
千葉
梁原 優希
早期より家族指導を行い覚醒向上がみられた脳梗塞片麻痺の
1症例
千葉県作業療法士会 症例研究
2011年2月
千葉
佐藤 雅哉
自己導尿の自立に向けて動作方法の工夫・環境調整を行った
頚髄不全損傷の1例
千葉県作業療法士会 症例研究
2011年2月
千葉