>
>
>
2013年度著書・論文一覧
 
■2013年度著書・論文一覧
■著書
著者 
題名
書名
発行社
ページ
発行年
近藤国嗣
回復期リハビリテーションの現状と課題
A-1 都市部病院 @ 
リハビリテーションと地域連携・
地域包括ケア 
診断と
治療社
138-142
2013
古口徳雄,近藤国嗣
脳卒中地域連携クリティカルパスとリハビリ
テーションの実際
A 千葉県共用脳卒中地域医療連携パス  
リハビリテーションと地域連携・
地域包括ケア
診断と
治療社
82-85
2013
佐藤雅哉,補永薫,坂田祥子
上肢機能とそれに伴う日常生活動作(ADL)に
関する問題
脊髄小脳変性症・多系統萎縮症の
リハビリテーション ―神経難病患者
のQOL向上を目指して―
白地社
193-203
2014
■査読付き論文
英文
著者
題名
雑誌名
ページ
Saito K,Yamaguchi T,
Yoshida N,Tanabe S,Kondo K,
Sugawara S
Combined effect of motor imagery and
peripheral nerve electrical stimulation on the
motor cortex
Experimental Brain Research
227
333-342
2013
Kita K,Otaka Y,Takeda K,
Sakata S,Ushiba J,Kondo K,
Liu M,Osu R
A pilot study of sensory feedback by
transcutaneous electrical nerve stimulation to
improve manipulation deficit caused by severe
sensory loss after stroke.
J Neuroeng Rehabil
10(1)
55
2013
Fujimoto S,Yamaguchi T,
Otaka Y,Kondo K,Tanaka S
Dual-hemisphere transcranial direct current
stimulation improves performance in a tactile
spatial discrimination task.
Clinical Neurophysiology
印刷中
 
2013
和文
著者
題名
雑誌名
ページ
松永 玄,山口 智史,大高 洋平,
近藤 国嗣,里宇 明元
ペダリング運動と治療的電気刺激の併用が
回復期脳卒中片麻痺患者の歩行能力へ及ぼす
影響 ‐シングルケースデザインによる検討‐
理学療法学
40
371-377
2013
藤本 修平,山口 智史,
大高 洋平
探索的因子分析による動作分析の試み
−動的座位バランスによる検討−
理学療法科学
28
371-375
2013
藤本 修平,藤本 静香,
小林 資英,大高 洋平
座位における頚部および体幹の前額面上姿勢が
自覚的視性垂直位に与える影響
理学療法科学
28(3)
407-410
2013
井上 靖悟,小宅 一彰,
山口 智史,田辺 茂雄,
近藤 国嗣,大高 洋平
回復期脳卒中片麻痺患者の歩行効率に短下肢
装具が与える影響
―力学的エネルギーによる検討―
総合リハビリテーション
41
661-665
2013
鎌田浩志,武田湖太郎,
橋爪善光,倉山太一,末長宏康,
近藤国嗣,西井淳,大須理英子,
大高洋平
歩行解析のための新しい足底接地センサ
(STANS)の開発
総合リハビリテーション
42(1)
67-71
2014
齊藤 慧,山口 智史,田辺 茂雄,
菅原 憲一,近藤 国嗣,
大高 洋平
末梢神経電気刺激の刺激時間が皮質脊髄路の
興奮性変化に及ぼす影響
日本物理療法学会会誌
20
43-47
2013
數田 俊成,武田 湖太郎,
田中 悟志,小田柿 誠二,
大須 理英子,大高 洋平,
近藤 国嗣,里宇 明元
経頭蓋直流電気刺激による聴覚言語性短期記憶
の増強作用
臨床神経生理学
41
18-22
2013
大石斐子,齋藤玲子,
小田柿誠二,補永薫,立石雅子
メモリーノートの活用の成否に関する要因
−回復期病棟における検討−
認知リハビリテーション研究
18(1)
29-37
2013
■Conference Paper
国際学会 (査読あり)
著者
題名
雑誌名
ページ
Yamaguchi T,Fujimoto S,
Otaka Y,Tanaka S
Effects of transcutaneous spinal DC stimulation
on plasticity of the spinal circuits and
orticospinal tracts in humans
Proceedings of the 6th international
IEEE EMBS neural engineering
conference
275-278
2013
Ozawa T,Aihara T,Fujiwara Y,
Otaka Y,Nambu I,Osu R,
Izawa J,Wada Y
Detecting event-related motor activity using
unctional near-infrared spectroscopy
Proceedings of the 6th international
IEEE EMBS neural engineering
conference
2013
国内学会(査読なし含む)
著者
題名
雑誌名
ページ
小澤拓也,相原孝次,藤原祐介,
大高洋平,南部功夫,
大須理英子,井澤淳,和田安弘
: 頭皮血流アーティファクト除去による事象関連
fNIRS計測の検討
計測自動制御学会ライフエンジニア
リング部門シンポジウム2013
321-326
2013
横山寛,南部功夫,相原孝次,
大須理英子,井澤淳,和田安弘
EEGニューロフィードバック学習による想起運動
切り替えに関する考察
計測自動制御学会ライフエンジニア
リング部門シンポジウム2013
261-266
2013
■解説・総説・その他
和文
著者 題名 雑誌名 ページ
近藤国嗣
地域リハで「良く」する
地域リハビリテーション 
8
巻頭言
2013
近藤国嗣
診療報酬・介護保険同時改定
回復期リハビリテーション病棟の立場から
総合リハ
41
911-919
2013
近藤国嗣
千葉県回復期リハビリテーション連携の会
回復期リハビリテーション病棟協会
機関紙 連載 回復期リハ地域別
連絡会の活動 第9回
12
50-52
2013
山口 智史
電気刺激治療による脊髄神経機構における
可塑性変化と機能回復
日本基礎理学療法学雑誌
17
15-20
2014
補永 薫,藤原 俊之
【リハビリテーションにおける臨床神経生理学】
ヒトにおける神経回路の評価 大脳皮質レベル
での神経回路の評価
MEDICAL REHABILITATION
166
73-78
2013
補永 薫
【もう悩まない!100症例から学ぶリハビリテーショ
ン評価のコツ】 神経筋疾患(症例80) 書痙
MEDICAL REHABILITATION
163
3 61-364
2013
近藤 国嗣
【もう悩まない!100症例から学ぶリハビリテーショ
ン評価のコツ】 切断・義肢(症例57) 大腿切断
MEDICAL REHABILITATION
163
266-269
2013
數田 俊成
【もう悩まない!100症例から学ぶリハビリテーショ
ン評価のコツ】 高次脳機能障害(症例13) 失語症
MEDICAL REHABILITATION
163
76-79
2013
松浦 大輔
【もう悩まない!100症例から学ぶリハビリテーショ
ン評価のコツ】 脳血管障害(症例10) 排尿障害例
MEDICAL REHABILITATION
163
62-66
2013
近藤 国嗣
診療報酬・介護保険同時改定】
回復期リハビリテーション病棟の立場から
総合リハビリテーション
41
9 11-999
2013
松浦 大輔,里宇 明元
【脳卒中診療の最新情報】
脳卒中のリハビリテーション
臨床と研究
90
780-784
2013
武田湖太郎,佐藤貴紀,南部功,
山田亨,梅山伸二,大高洋平,
井上芳浩,大須理英子,
和田安弘,加藤宏之
脳卒中片麻痺のリハビリテーションと
Near-infrared spectroscopy
認知神経科学会誌
14
157-161