>
>
>
2016年度著書・論文一覧
 
■2016年度著書・論文一覧
■著書
著者 
題名
書名
発行社
ページ
発行年
大高洋平(編著者)
回復期リハビリテーションの実践戦略活動と転倒
回復期リハビリテーションの実践戦略活動と転倒
医歯薬出版
1-131
2016
松浦大輔
医師の役割
医療安全委員会の役割
入院直後から行う活動調整
回復期リハビリテーションの実践戦略活動と転倒
医歯薬出版
55-58
104-106
2016
中西まゆみ、川野靖江、井坂碧
看護師の役割
回復期リハビリテーションの実践戦略活動と転倒
医歯薬出版社
59-72
2016
井上靖悟
理学療法士の役割
回復期リハビリテーションの実践戦略活動と転倒
医歯薬出版社
73-84
2016
井上靖悟
退院時指導
高齢者理学療法学
医歯薬出版社
269-276
2017
坂田祥子
作業療法士の役割
回復期リハビリテーションの実践戦略活動と転倒
医歯薬出版社
85-94
2016
吉田太樹
実施場所と役割
国際リハビリテーション学 国境を越えるPT・OT・ST (河野眞(編))
羊土社
56-60
2016
渡辺望
言語聴覚士の役割
回復期リハビリテーションの実践戦略活動と転倒
医歯薬出版社
95-103
2016
中込弘美
コード3およびコード4の適応となる対象者
回復期リハビリテーション病棟の嚥下調整食レシピ集105
医歯薬出版社
95-103
2016
 
■査読付き論文
英文
著者
題名
雑誌名
ページ
Tani Y, Otaka Y, Kudo M, Kurayama T, Kondo K
Prevalence of Genu Recurvatum during Walking and Associated Knee Pain in Chronic Hemiplegic Stroke Patients: A Preliminary Survey.
Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases
25(5)
1153-7
2016
Sato T, Nambu I, Takeda K, Aihara T, Yamashita O, Isogaya Y, Inoue Y, Otaka Y, Wada Y, Kawato M, Sato M, Osu R
Reduction of global interference of scalp-hemodynamics in functional near-infrared
spectroscopy using short distance probes
NeuroImage
141
120-132
2016
Nakadate A, Otaka Y, Kondo K, Yamamoto R, Matsuura D, Honaga K, Muraoka K, Akaboshi K, Liu M
Age, Body Mass Index, and White Blood Cell Count Predict the Resumption of Oral Intake in Subacute Stroke Patients
Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases
25(12)
2801-2808
2016
Oyake K, Yamaguchi T, Sugasawa M, Oda C, Tanabe S, Kondo K, Otaka Y, Momose K.
Validity of gait asymmetry estimation by using an accelerometer in individuals with hemiparetic stroke.
Journal of Physical Therapy Science
29(2)
307-311
2016
Nambu I, Ozawa T, Sato T, Aihara T, Fujiwara Y, Otaka Y, Osu R, Izawa J, Wada Y
Transient increase in systemic interferences in the superficial layer and its influence on event-related motor tasks: a functional near-infrared spectroscopy study.
Journal of Biomedical Optics
22(23)
1-11
2017
Yoshida T, Otaka Y, Osu R, Kahori K, Sachiko S, Kondo K
New portable voice guidance device for the manual wheelchair transfer: a pilot study in patients with hemiplegia.
Disability and Rehabilitation: Assistive Technology
12
411-6
2017
Takahashi K, Domen K, Sakamoto T, Toshima M, Otaka Y, Seto M, Irie K, Haga B, Takebayashi T, Hachisuka K.
Efficacy of Upper Extremity Robotic Therapy in Subacute Poststroke Hemiplegia: An Exploratory Randomized Trial.
Stroke
47(5)
1385-8
2016
Nishioka S, Okamoto T, Takayama M, Urushihara M, Watanabe M, Kiriya Y, Shintani K, Nakagomi H, Kageyama N.
Malnutrition risk predicts recovery of full oral intake among older adult stroke patients undergoing enteral nutrition: Secondary analysis of a multicentre survey (the APPLE study).
clinical nutrition
36
1089 1096
2017
Kazuta T, Takeda K, Osu R, Tanaka S, Oishi A, Kondo K, Liu M.
Transcranial Direct Current Stimulation Improves Audioverbal Memory in Stroke Patients.
American Journal of Physical Medicine & Rehabilitation.
2017
和文
著者
題名
雑誌名
ページ
杉田翔、藤本修平、小川大祐、近藤国嗣、大高洋平
プラスチック短下肢装具の下腿後面の長さが立位動作および歩行に及ぼす影響 健常成人での検討
日本義肢装具学会誌
33
51−55
2017
小向佳奈子、藤本修平、大高洋平、近藤国嗣
理学療法士の下肢装具選定における思考の経験による違い‐ミクストメソッド研究
総合リハビリテーション
44(9)
819-824
2016
井上靖悟、松浦大輔、加藤啓介、森田光生、山口智史、田辺茂雄、大高洋平
黄色靱帯骨化症および後縦靱帯骨化症により 著しい脊髄性運動失調を呈した1症例
総合リハビリテーション
44(10)
917-922
2016
松永 玄、山口 智史、鈴木 研、近藤 国嗣、大高 洋平
通所リハビリテーションを2年間利用した脳卒中者の歩行能力と下肢筋力の経時的変化─後方視的研究─
理学療法学
43(4)
315-322
2016
立本将士、山口智史、田辺茂雄、大高洋平、近藤国嗣、田中悟志
頭皮-皮質間距離が経頭蓋磁気刺激法による下肢一次運動野の運動誘発電位に及ぼす影響
理学療法学
43(6)
469-476
2016
井上靖悟、大高洋平、小田ちひろ、後藤悠人、守屋耕平、工藤大輔、近藤国嗣、松浦大輔
リハビリテーション病院の新人理学療法士に対する転倒予防教育プログラム
転倒予防学会誌
3(3)
47-54
2017
吉田太樹、森直樹、田口崇、坂田祥子、大高洋平
重度の末梢神経障害を呈したが復職に至ったPOEMS症候群の1例
総合リハビリテーション
44
711-5
2016
 
■解説・総説・その他
和文
著者
題名
雑誌名
ページ
松浦大輔、大高洋平 回復期における脳卒中患者の睡眠呼吸障害 MB Med Reha  増刊号 203 189-194 2016
杉山瑶, 大高洋平, 松浦大輔, 近藤国嗣
自立度の評価をめぐる多職種の視点の違い
リハビリナース
10(1)
79-83
2016
近藤国嗣
リハビリテーションに役立つ! 睡眠障害・睡眠呼吸障害の知識(編集企画 巻頭言)
MB Med Reha  増刊号
203
前付3
2016
近藤国嗣
熊本地震支援活動レポート 災害時のリハビリテーション医療を考える JRAT本部としての現地派遣活動の実際
Journal of Clinical Rehabilitation
26
174-178
2017
石川誠、木村浩彰、川手信行、近藤国嗣、赤澤啓史、岩田学、大塚健一、黒木洋美、小口和代、小山照幸、杉原勝宣、速水聰、宮越浩一、日本リハビリテーション医学会社会保険等委員会
リハニュース 平成28年度リハビリテーション医学に関連する社会保険診療報酬改定における重要変更項目
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine
53
650−653
2016
石川誠、木村浩彰、川手信行、近藤国嗣、赤澤啓史、岩田学、大塚健一、黒木洋美、小口和代、小山照幸、杉原勝宣、速水聰、宮越浩一、日本リハビリテーション医学会社会保険等委員会
リハニュース 平成26年度リハビリテーション医学に関連する社会保険診療報酬改定について
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine
53
571−573
2016
千田 益生、田島 文博、佐々木 信幸、花山 耕三、沖井 明、近藤 国嗣、朝貝 芳美、古澤 一成、久保 俊一
総合リハビリテーションのチームメンバー:歴史・現在・将来 第1部】 リハビリテーション科医の歴史と課題
リハビリテーション研究
46
4-7
2016
近藤国嗣
熊本地震と災害リハビリテーション支援活動報告 JRAT東京本部の活動
日本リハビリテーション病院・施設協会誌
158
16-19
2016
近藤国嗣
高齢者の廃用(活動低下)と栄養サポート
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine
54
87−93
2016
近藤国嗣
【平成28年度診療報酬改定-自院の役割ふまえリハ効果高める取り組みを】 平成28年度診療報酬改定に向けての取り組みについて 屋外歩行自立等高いゴール目指し入院中から量をこなす
回復医リハビリテーション協会 協会誌
15
16-18
2016
井上靖悟、補永薫、近藤国嗣
事故(転倒事故、交通事故)
回復期リハビリテーション病棟協会機関誌
10
33-35
2016
井上靖悟、横山明正、大高洋平
回復期リハビリテーション病棟における運動器疾患患者の理学療法―大腿骨近位部骨折の場合
理学療法
34(3)
228-236
2017