>
病院概要          
 
 
名    称
医療法人社団保健会 東京湾岸リハビリテーション病院
住    所
千葉県習志野市谷津4-1-1
院    長
近藤 国嗣
病 床 数
160床 ( 回復期リハビリテーション病棟 160床)
開 院 日
2007年(平成19年) 3月1日
T E L
047-453-9000 (代表)
F A X
047-453-9002 (代表FAX)
診療科目
リハビリテーション科、神経内科・内科
同一法人の展開する急性期病院(谷津保健病院)、介護複合施設(谷津居宅サービスセンター)との連携のメリットを活かし、リハビリテーションのスタートから ゴールまで幅広い病期に対応した一貫性のある治療を行います。
当院は、地域の基幹急性期病院である『谷津保健病院』を母体として、200 メートルほどの至近距離に設立されました。リハビリの領域に留まらない急性期医療に関しては、即座にバックアップを受けることが可能なので、質の高い医療を一貫した形でご提供できます。
地元へお帰りになる場合は、ご紹介いただいた病院・診療所の医師の方々と緊密に連絡・連携を取ります。
また、隣接する『谷津居宅サービスセンター』が、様々な看護・介護サービスをご提供できます。
 
 
各階要所に理学療法室、作業療法室、言語聴覚療法室、ADL訓練室を備え、総合リハビリテーション施設としてインテンシブなリハビリテーションを行います。
アメリカ有数のデザイナーの設計による病院建物の外観、内装、外構は近未来的で快適な環境を提供します。
5階
カフェテリア、講義室
4階
病棟 40床(4人室:2室、個室:32室)
リハビリ訓練室、食堂、浴室
3階
病棟 60床(4人室:11室、個室16室)
リハビリ訓練室、食堂、浴室
2階
病棟 60床(4人室:11室、個室:16室)
リハビリ訓練室、食堂、浴室
1階
総合受付、診察室、リハビリセンター、CT、一般撮影室、心電図・エコー室、リハビリ研究室、神経生理検査室、医療福祉相談室、売店
 
  
回復期リハビリテーション病棟には、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等のリハビリテーション専門職および医療ソーシャルワーカーを配属します。多職種スタッフが医師・看護師とともにチームを組み、全人的な治療およびケアを行います。特に理学療法士ほかのリハビリテーション専門職は、診療報酬制度の施設基準を超える人数を配置して、機能回復のために重要な発症初期に集中的なリハビリテーションを行います。
 

車いすの車輪を思わせる円形。これが、東京湾岸リハビリテーション(以下TBR)のロゴマークです。
東京湾沿いに位置する谷津干潟、そしてTBRそのものの位置も同時に示しています。
また、途切れることのない円形は、谷津保健病院・谷津居宅サービスセンターとの連携による、地域に密着した一貫性の高い医療の提供、リハビリテーション分野に限らない幅広く充実した医療内容へと意味合いを広げます。
さらに客船をイメージした病院建物の煙突部分など、TBR内の様々な場面でこのマークを見つけることが出来ます。