作業療法科

意味のある作業の実現によって、その人らしい生活が再開します。

作業療法における「作業」とは、日常生活活動・家事・仕事・余暇活動といった人が1日24時間365日を通して営む行為のことです。

作業療法科では、患者様一人ひとりにとって重要な「作業」に焦点を当て、生活の再構築を支援します。そのために、患者様の状態を適切に把握し「根拠に基づく作業療法」を提供します。

日常生活活動の支援では、食事・ひげそりや手洗い・着替え・入浴・排泄などの生活の基本となる動作の獲得に向け、シミュレーション機器等を用いた訓練室で行う基礎訓練・模擬訓練と病棟で実際の支援場面で行う実践訓練を並行していきます。

また、必要に応じて理学療法士、社会福祉士、介護支援専門員等と共にご自宅を訪問し(家屋調査)、手すりの設置や福祉用具導入、介護保険サービスの利用などを提案いたします。

作業療法科
理学療法の様子

家事の支援では、買い物を含めた調理訓練をはじめ、掃除・洗濯・外出など患者様のライフスタイルに応じて訓練を実施します。

復職や新たな就労をご希望の方には、就労前評価と模擬的な訓練を行うとともに、必要に応じてハローワークや職業センターなどの機関との連携を行います。

趣味など余暇活動の開始や継続をご希望の方には、手工芸・絵画などの実施に際し、具体的に必要となる機能や工夫点を考慮した上で、実際の支援や模擬的訓練を実施します

患者様の"生活で使える手"の獲得に全力で取り組んでいます。

日常生活活動・家事・仕事・余暇活動の実現に向け、腕や手に麻痺が残存する患者様を対象に、従来の上肢機能訓練に加え、脳の可塑性をはじめとする脳科学の知見を応用した「ニューロリハビリ」を積極的に導入しています。

環境と訓練スタイル

1階のリハビリセンター内と2階・4階病棟に作業療法室があります。作業療法室には多くの訓練道具が揃っており、患者様の状態に合わせてさまざまな訓練を実施しています。手工芸などの作業活動を用いて趣味の再獲得や対人交流を促進します。

2階作業療法室

患者様が作られた作品