放射線科

放射線科では、一般撮影やCT、骨密度などの検査を行います。

各検査を行うにあたって放射線技師の呼びかけに対しての反応(見え方、聞こえ方)、 歩行時の様子や受傷時の状態、痛み、シビレなどのさまざまな症状、動きや感覚などの情報を放射線技師が撮影前に評価をします。

患者様の状態を把握することにより、指示医師の目的撮影部位の確認をし、安全に対する配慮を的確に行い撮影するように心がけています。

放射線科

マルチスライス CT スキャン(脳および全身用)

CT

CT

CTスキャンとは、computed tomographyの略で体を輪切りにした状態で、臓器などの体の内部を診断する装置です。X線とコンピューターを使って画像を作成しています。

マルチスライスCTといって、1列の検出器で1回転につき1スライスのデータを収集するCTスキャナに対し、対軸方向に並んでいる複数の検出器を備え、1回転で複数のデータ を収集できるCTです。

薄いスライス厚での撮影が1度のX線照射で同時に出来るため、1列の検出器をらせん状に動かして撮影するヘリカルCTとは異なり、スライス画像間にズレが生じません。また、被爆量が少なく、撮影時間も大幅に短縮できるので、呼吸を止めにくい高齢者や重篤患者様の検査にも対応撮影できます。

マルチスライスCTの撮影時間は、撮影する方法にもよりますが、脳CTで約 1分、肺CTや腹部CTの肝臓から腎臓までの撮影の息止め時間は約20秒の短さで検査が終了します。
通常は造影剤を使わない単純法で行います。また、より詳しく検査するには造影剤法もあり、主に腫瘍や血管系の疾患が疑われる時に非イオン性造影剤を静脈より注射して行います。

骨密度測定装置

骨密度測定装置

骨密度を測定することによって、骨密度の減少を早期に発見し、骨折の原因となる骨粗鬆症の予防や適切な治療を行うことができます。導入している装置は、骨密度測定機能と脊椎骨折分析機能を備えています。

従来、骨強度や骨折リスクの予備診断には骨密度単位の評価が用いられてきましたが、脊椎が圧迫骨折しているために骨密度数値が高くなっている場合など、骨密度だけで骨折リスクを完全にカバーすることは出来ませんでした。
そこで脊椎骨分析機能を組み合わせ、潜在的な脊椎骨折の存在を明らかにして骨折リスクをより正確に把握できるようになりました。

測定部位は腰椎(正面)、大腿骨頚部、前腕、全身で行います。測定時間は、腰椎約 1 分、大腿骨頸部片側約1分、前腕片側約1分、全身約7分です。全身の場合は脂肪量、体脂肪率、筋肉相当量などの体組成も測定できます。

一般撮影(CR)及びX 線TV装置(DR)

一般撮影(CR)及びX 線TV装置(DR)

従来のアナログ機器とは異なり、デジタル機器を使用することにより診断価値の高い画像を提供しております。

一般撮影(CR)及びX 線TV装置(DR)

嚥下造影検査

嚥下造影検査

検査機器

嚥下造影検査

検査動画

近年、摂食・嚥下障害への関心が高まり、病院・施設・在宅での取り組みが急速に始まっています。しかし、摂食には誤嚥や窒息という生命に直結する危険をはらんでおり、摂食・嚥下障害へのアプローチを行うためには、その病態や食物の嚥下動態を的確に評価することが不可欠です。

検査の目的としては診断のために形態的異常、機能的異常、誤嚥、残留などを明らかにし、治療のために食品や体位、摂食方法などを調整することで安全に嚥下し、誤嚥や咽頭残留を減少させる方法を探します。結果を実際の訓練や摂食場面に有力な情報として用います。

検査は車椅子に座っていただき、造影剤を含んだ検査食を食べていただきます。その様子をX線透視装置とビデオを使用して 全行程の動画と音声を記録します。検査時間は約10分から20分です。

当院では2016年度、嚥下造影検査を243件/年行いました。検査の内容はビデオに記録しており、各病棟で患者様、ご家族へ動画をお示ししながら現状を説明できるような体制となっております。