リハビリテーション部

■理学療法・・・・・理学療法士(PT)が行います

日常生活に必要な、起き上がる・座る・立ち上がる・歩くといった動作を訓練していきます。

必要に応じて、義肢・装具・杖・車いす等を作成・使用し、より安全に、より早期の自立を目指します。また、ご家族に対して介助・介護指導を行い退院へ向けた外出外泊訓練を行います。

住宅改修のご相談もお受けいたします。


■作業療法・・・・・作業療法士(OT)が行います

様々な道具で“作業”するという動作を利用しながら、機能の改善を図っていくと同時に、患者様のやりがいや生きがいも高めていきます。

また、退院後の生活を想定しながらの日常生活動作や調理・洗濯・掃除等の家事動作や就労に対しても指導・援助していきます。




■言語聴覚療法・・・・・言語聴覚士(ST)が行います

病気や事故で言葉によるコミュニケーションに障害を受けた患者様やご家族に対し、相談・評価・指導などの専門的サービスを提供し自分らしく生活ができるように支援します。

病気や年齢による衰えが原因で口から食物をうまく食べられない患者様に安全な食事の摂り方を指導いたします。

記憶や注意力に問題があり、日常生活に支障がある患者様に訓練や援助を行います。


退院後のリハビリテーションについて

外来リハビリテーション

退院後も自宅生活や地域生活の充実、復職に向けて外来リハビリテーションを行っています。

外来リハビリテーションの特徴

外来リハビリテーションは、在宅生活や仕事をしながらも通院可能な方に対して実施するリハビリテーションです。
当院では、在宅生活や復職をされたあとの方に対して、より質の高い生活や身体機能・動作の維持向上を目的とした外来リハビリテーションを提供します。

当院で外来リハビリテーションを実施している主な対象疾患
  • 脳血管疾患、脊髄疾患、その他脳神経疾患
  • 末梢神経障害、神経筋疾患など
対象となる方
当院医師の診察のもと、外来リハビリテーション実施が医学的に必要と認められた方で
  • 当院退院後、当院にて継続加療を希望される方
  • 他院にて入院加療を行い、退院後当院にて継続加療を希望される方
  • 疾患別標準的算定日数の期限内の方
実施頻度
  • 疾患別標準的算定日数内の方は医師の判断により実施頻度の調整を行います。
  • 疾患別標準的算定日数を超えられた方は1ヶ月260分以内の範囲で外来リハビリテーションを実施いたします。
  • 疾患別標準的算定日数期限を超えられ、要支援・要介護認定を受けられている方は、特定の疾患の方を除き原則、併設施設「谷津居宅サービスセンター」の通所リビリテーションをご案内いたします。
※疾患別標準的算定日数
発症(受傷)、手術、急性増悪、一部の疾患は診断から、脳血管疾患180日、運動器疾患150日、廃用症候群120日。

在宅・通所リハビリテーション

当院から退院後、自宅でのリハビリテーションを必要とされる方が多くいらっしゃいます。

その方々のサポートとして、東京湾岸リハビリテーション病院と谷津居宅サービスセンターのスタッフ間での連携を強化し、患者様が退院後に困らないよう、切れ目のないリハビリテーションの提供を目指しています。


取り組み
  • 最新の介護保険制度や福祉機器、用具についての勉強会を開催。
  • 定期的な情報交換会の開催 など。