入院中のこと

カンファレンス

一日も早い在宅復帰を目指す上で大切なのが、カンファレンスです。

リハビリは理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といったリハビリ専門スタッフだけで独自に施術するものではありません。

リハビリ科医師や看護師、時に医療相談員や管理栄養士などの患者様に関わる各職種が情報を共有し、共通の認識を持つことで患者様により効果的なリハビリを実施することができるように定期的に開催しています。

各職種が患者様の状態の把握をし、リハビリの進行や今後の方針をグループで確認しています。

カンファレンス

初回
カンファレンス

入院当日、リハビリテーション科医の処方のもと、各部署の担当者がそれぞれの患者様にあった、リハビリプログラムを作成します。

初回カンファレンスでは、入院から1週間の様子を担当者全員で共有し、ゴール達成へむけて各部門のリハビリプログラムの確認・調整を行います。

1ヶ月後
カンファレンス

1ヶ月のリハビリの評価を行い、退院後のゴールを想定したリハビリプログラムを再作成します。主治医よりリハビリの進み具合等をご説明します。
社会福祉サービス活用の検討

医療相談員より介護保険認定申請、身体障害者手帳申請等のご案内をします。
⇒福祉制度について

中間
カンファレンス

定期的にリハビリの実施状況を評価し、ゴールの再確認をします。主治医よりリハビリの進み具合をご説明の上、今後の方向性に関する患者様・ご家族様のご意向を伺います。
例えば…

方向性が在宅の場合は、外出・外泊訓練を行っていきますし、施設・療養病院の場合は、医療相談員がご相談に応じます。

最終
カンファレンス

再度退院時のゴールの見直しを行い、退院に向けて取り組んでいきます。

主治医よりリハビリの進み具合をご説明の上、方向性についての最終決定を行います。

退院が決まったら…

在宅準備としてご家族様に介助方法をご指導します。
ケアマネージャーを決定し、ケアプラン作成を依頼します。
ご希望によりリハビリスタッフがご自宅に訪問し家屋評価、環境整備を行います。

家屋評価

当院では必要に応じてリハビリの療法士やソーシャルワーカーを中心とした担当者がご自宅に伺い、家屋評価を行っています。

家屋評価では、患者様・ご家族・ケアマネージャー・福祉用具・改修業者等とともに自宅環境調整やサービスの利用に関して相談し、より良い方法を提案させていただいております。

実際の患者様の動きを関係者皆で確認しながら相談することにより、安全な生活環境を整えた上でご自宅に退院して頂ける様心がけております。

家屋評価
家屋評価
住宅のタイプ

住宅のタイプとして、一軒家か集合住宅かを確認します。
集合住宅であれば、マンション・アパート・団地など詳しく情報収集します。

団地に住まわれている方も多くいらっしゃいますが、団地はエレベーターがないことが多く、段差も急で手すりが無いこともあります。また、改修が可能かどうかも確認します。

また、屋外から屋内に入るまでの環境や、自宅周辺の環境もしっかりと確認します。

家屋評価
玄関

敷地外の道路から玄関までに段差や階段はあるのか、段差の高さや手すりの有無、路面の敷石の有無などを確認します。

また、玄関の上がり框についても、段差の高さや手すりの有無、下駄箱など手すりの代わりとなるものがあるか確認します。

靴の脱ぎ履きが立位で行えない方の場合、椅子を置く場所を検討します。

家屋評価
トイレ・浴室

トイレは毎日使い、1日の使用頻度も多い場所の一つです。

ドアのタイプ(開き戸または引き戸)や手すりの有無、洋式か和式か、便座の高さやドアに対して便座の向きなどを確認します。

浴室についても、入口の開口幅や段差・扉のタイプ・浴槽の高さ(深さ)や幅、手すりの有無、シャワーの高さ・シャワー椅子の有無・水道栓のタイプなどを確認します。

家屋評価
室内

寝室や寝具は毎日必ず使用するため、布団なのかベッドなのか、ベッドについては高さやベッド柵の有無、布団の場合、近くに捕まる物はあるかなどを確認します。

その他、間取りや生活動線、ドアの有無、段差の有無、床材のタイプ、手すりや支持できるものがあるかなどをしっかり確認します。