リハビリテーション看護師

健全な生活環境を整え、日常生活を支障なく送れる手助けをします。

リハビリ看護は、看護師自身が患者様のADLと生活に直接介入できる専門性の高い看護です。医学的知識を背景に全身管理と安全管理そして病態把握を行いながら、ADLの評価・治療を行います。また、患者様・ご家族への教育を通じて退院後の生活も 築いていきます。

日24時間絶えず患者様・ご家族密に接することになる看護師は、一人ひとりの性格、生い立ち、生活スタイルなど患者様とそのご家族の「生き方」に触れる立場にあります。また食事や排池習慣、日中の活動、睡眠状態などの生活の基盤となる情報も把握しています。このように患者様の一番の理解者となり得る看護師は、障害を抱える患者様の心の機微を理解しながら、退院後の生活を患者様・ご家族と一緒に考えていく存在です。

チームでの支援はリハビリテーションの重要な要素ですが、リハビリスタッフは職種ごとに治療する障害対象が分かれているのに対して、リハビリ看護師は、患者様を全体から捉えます。つまり障害ではなく人を診ることができる職種です。患者様の退院後の生活全体をイメージできる力を持ったリハビリ看護師こそがチームの礎になるのです。

患者様と密に接する職種だからこそ「できるADL」を「しているADL」に変えられます

ADLは訓練室という特殊な環境下でできる動作ではなく患者様が自ら生活の場面で実践している動作です。24時間関わって共感し合い、「訓練室でできること」を生活場面で実践できるように支援します。

摂食・嚇下リハビリテーションと排泄障害治療の専門職は実はリハビリ看護師です

摂食・嚇下と排泄は人が生きていくための最も重要な行為であり、ADLの中核です。 一人ひとりの病態把握を行って介入することで合併症の併発を予防しながら、より自立した生活の獲得を支えていきます。

先を見通す力で退院後の生活を具体的に思い描くことで適切な家族指導がもたらされます

最終目的は、退院後の生活を支えることです。障害が残っても安心・安全な在宅生活を送るには、家族指導がとても重要です。介護技術、看護技術そして看護の視点までご家族に教育し退院後の生活を支えます。

看護部の教育プログラムはコチラから