作業療法士(OT)

意味のある作業の実現によって、その人らしい生活が始まります。

「家族のために家事をする」「復職のために文字を書く」。私たちは患者様のその人らしい生活を「意味のある作業」の実現と考えます。作業療法士は、患者様とご家族の退院後の生活を思い描き一人ひとりの「意味のある作業」を実現させることで、地域生活の第一歩を力強く踏み出すことを支援します。

私たちには「意味のある作業」の実現を阻む問題を、医学的見地から分析し、適切にアプローチすることが求められます。例えば、脳卒中後の片麻陣が残存する主婦であれば、立位での調理を実現させるために、まず麻庫の状態や高次脳機能障害の合併といった機能面の評価を行います。さらに家屋状況、家族の介護力なども加味し、実現の可能性を分析する力が求められます。単に患者様のご要望をくみ取るだけではなく現実を加味したうえで適切なプログラムを立案・実践するのです。

作業療法士の実践力は、一人では身につけられません。私たちは患者様やご家族の抱える課題と真塾に向き合い、仲間たちと切嵯琢磨する中で育まれるという理念のもと、チームカンファレンスや勉強会などを重視した臨床を実践しています。

患者様の”生活で使える手”の 獲得に全力で取り組んでいます

当院ではHANDS療法やTBR回復期版Cl療法などの上肢機能訓練を積極的に実施しています。回復期に最大限の機能回復をはかり、生活で使える手を獲得することで、退院後のさらなる改善が期待できます。

充実した設備で 患者様のニーズに合わせた 作業療法を提供します

各種評価器具、上肢機能訓練機器、認知機能訓練機器、AOLシミュレーション装置、福祉機器、調理訓練室、自助具、スプリソト作成機材など設備が充実しています。幅広い作業療法の展開は作業療法士次第です!

私たちは”どこでも通用する作業療法士”をめざします

急性期・回復期・地域生活期、すべてに対応できる幅広い知識と技術を持ったカッコいいOTになりたい!先輩0T3名で優しく、楽しく、そして時に厳しく、新人OTが独り立ちできるよう支援します。

作業療法科 教育プログラムはコチラから