言語聴覚士(ST)

その人らしい生活に繋ぐリハビリテーションを追求しています。

私たちの考える言語聴覚療法は、一言で言うと「その人らしい生活に繋ぐリハビリテーション」です。患者様一人ひとりの生活スタイルを把握すると共に、言語機能の改善や代償手段の獲得によるコミュニケーションの拡大、安全かつ積極的な食事の 提案を通じて、患者様が不安なく自信を持って日常生活力送れることを目指し支援します。

日々の行動観察や検査による患者様の退院後の生活を見据えた訓練や対応を心掛けています。例えば復職を希望される方には他職種やご家族・職場と連携した支援を提供し、新たな就労を希望する方には就労支援施設を紹介するなど、患者様に合わせたサポートを行っています。さらに、生活上の大きな楽しみである「食」に関して、患者様ができる限りロから食べられることを目指します。患者様の状態に合わせた安全な 食形態を見極め、嚇下機能の改善や食べ方の工夫などで主導します。

質の高い言語聴覚療法を提供するためには、高次脳機能障害、構音障害や摂食・嚇下障害などをしっかり理解し、スタッフ同士が互いに学び、臨床家としての責任を果たすことが重要と考えています。

充実した個室の訓練室は患者様の集中を高め濃密な訓練を可能に

当院には個室の訓練室が多く整備され、高次脳機能障害を有する患者様も静かな環境で集中して訓練が行えます。また、訓練室には吸引ラインも設置されており安全面でも安心して訓練を行えます。

新人言語聴覚士1人につき、先輩言語聴覚士2名がつく教育スタイル

先輩の臨床を見学することから段階的なステップを踏む新人教育の体制を整えています。また新人が担当する患者様の検査結果、 訓練方針、予後予測などなるべく多くの情報を先輩も共有し、指導を行っています。

週1回のオーディット(新患紹介) 、 毎月の症例検討会を行っている

臨床で湧き上がる疑間について、先輩言語聴覚士や外部の経験豊富な言語聴覚士に相談できる場があります。スタッフ同士が臨床の進め方について相互に学び質の高い言語聴覚療法を掬共する礎にもなっています。

言語聴覚士 教育プログラムはコチラから