介護福祉士

介護の専門職としてコミュニケーションを心掛けて支援しています。

介護のプロフェッショナル職として障害のある方の生活能力や状態に合わせて、自発性を促すような援助や声かけを行います。また、介助量が多く自立が難しい患者様に対しては、安全性を重視した介護を提供します。単なる介助にとどまらず一人ひとり、状態に応じた適切な介護を提供し続けることで、患者様自身の生活がより自立したものとなり「してもらう」から「できる」生活動作が確立していくのです。

個性をとらえ、その人らしい生活を構築していけるよう、安らぎの場を提供し、笑顔を引き出す。安全な環境を整えて回復を促す生活の場を創っていくのも私たちの大切な業務です。また、生活を共にするご家族と一緒に生活面へのアプローチを行うことで、ご家族の介護への負担や不安を和らげ、患者様・ご家族が退院後の生活に自信を持っていただけるようお手伝いもします。

多職種によるチーム医療では、職種ごとに視点が異なりますが、多くの視点から見つめることで、物事の全体像が見えてきます。その中でも介護福祉士の視点は、常に患者様・ご家族に寄り添ったもので生活に直結し、チームの重要な力となります。

訓練や治療ではなく、 生活介助の現場でこそ一人ひとりの本音に接することができます

患者様の言葉を傾聴することは「こうなりたい」「こうしていきたい」という意欲を引き出します。ご家族と接する時間も多く、これまでの家庭生活をイメージした実生活に近い介護を共有することができます。

患者様の生活能力が日々変わるリハビリテーションの現場で細やかな視点が身につきます

昨日までできなかったことが今日できるようになる。患者様の小さな変化を見逃さなければ能力に合わせた適切な介護を提供できるようになります。観察に長けた介護福祉士はリハビリチームの重要な一員です。

訓練以外の時間がリハビリの要!私たちが明日も頑張る気持ち、リハビリ意欲を引き出します

リハビリ病院だからといって、一日中訓練をしているわけではありません。病棟での空き時間を有意義なものにする院内デイケアは、患者様の生活とリハビリ意欲さらに 認知機能向上を引き出す要になります。