医療ソーシャルワーカー

あらゆる社会資源を活用し、患者様の暮らしを支えていきます。

障害を抱えた患者様とご家族が少しでも暮らしやすくなるために、社会や生活環境を整える専門職です。リハビリテーションという言葉から運動療法をイメージされる方も多いと思いますが、社会福祉的な援助も患者様を支えるとても大切な要素です。

私たちは入院時から退院後の生活をご家族と共にイメージし、それを他職種に伝え共有していきます。また訓練の進捗状況やご家族の介護力を把握しつつ、社会や 家庭への復帰にむけた社会資源の利用を考えていきます。たとえ障害が残ってもいきいきと社会で暮らせることが目標です。当院は退院後の患者様を支える地域との連携作りに力を入れており、地域の介護事業者との勉強会や、市内の相談業務職と連携の会を行なっています。このような活動を通じて地域を知ることは、入院中から退院後の生活を具体的に思い描く手助けになっています。また退院後の患者様の状況を聞くことで、自分の支援を振り返ることができるためスキルアップにも繋がっています。

急性期・回復期・生活期すべての医療・介護を提供している当法人では幅広い支援のあり方を経験することが可能です。私たちは先を見通す支援力の高いMSWを目指しています。

病院の舵取りが重要な役割。データ分析し先を見抜き、行動できるカを育てます

回復期では重症度や在宅復帰率を管理する入退院のベッドコントロールも重要な役割です。システム作りで作業の時間短縮、支援業務や会議の効率的な開催など、当院には知恵と工夫がいっぱい詰まっています。

MSWには想像力が必要です。パスなどの医療情報から患者さんの問題を読み解く力を育てます

医療情報から正確に患者様の状態を思い描き病状や問題点を把握することがMSWには求められます。想像力のあるMSWが最良な結果を導き出す。その考えのもと私たちは日々臨床のなかで研鑽を続けています。

新人を育てるために大切なこと。それは、一人の人間として尊重し、その成長を支えること

相談室には新人から子育て世代まで在籍するため、お互いに相談し協力し合える関係でありたいと思っています。今できることを無理せず頑張ればいい。お互いが補い合える、そんな雰囲気を大切にしています。