Loading...

047-453-9000

お問い合わせ

職種別募集要項Application Requirements

味のある作業」の実現によって、その人らしい生活が始まります。

「家族のために料理をつくる」「夫婦で旅行を楽しむ」「趣味の園芸を楽しむ」等、その人にとって「意味のある作業」によって、その人らしい生活は営まれています。当院には病気やケガを原因とした心身機能や能力低下により「意味のある作業」ができなくなってしまった患者様が入院されています。私たち作業療法士の行う支援は、患者様とご家族とともに現状を整理し、退院後の生活を思い描くことから始まります。

業療法士は「意味のある作業」の実現を阻む問題を医学的見地から分析し、どのようにしたら「意味のある作業」を実現できるのかを考えます。常に現状と退院後の生活をつなげて治療計画を立て、そして、その治療計画に基づいた実践が重要です。

者様とともに退院後の生活を思い描き「意味のある作業」の実現に向けた作業療法士の実践力は、一人では身につけられません。私たちは、患者様やご家族の抱える課題と真摯に向き合い、私たち作業療法士の仲間たちや患者様を中心とした多職種チームのメンバーと切磋琢磨する中で実践力が育まれると考えています。

者様の「意味のある作業」を実現するために、私たち自身の手で、私たち作業療法士が実践する作業療法の幅を拡げ、質の向上に努めてゆきたいと考えています。

         
  • 患者様の
    “生活で使える手”
    獲得に全力で取り組んでいます

    当院ではHANDS療法やTBR版回復期CI療法などの上肢機能訓練を実施しています。回復期に最大限の機能回復をはかり、生活で使える手を獲得することで、退院後のさらなる改善が期待できます。

  • 患者様の
    作業遂行状況の観察と分析
    を重要視しています

    患者様の機能・能力の再獲得や活動と参加の拡大を目指したチャレンジには根拠のある視点が重要です。作業療法士の武器は、作業遂行状況の観察と分析により取り組むべき課題を明確にできるところです。当院では、当院独自のADL・IADLの評価ツールの開発に力を入れています。

  • 私たちは
    “どこでも通用する作業療法士”
    を目指します

    「意味のある作業」の実現を目指して、作業をみること、生活をみることは、病期や領域を問わず作業療法の根幹をなす役割です。法人内に急性期、回復期、地域生活期の関連施設を併設しており、様々な領域で働き、実践のなかで幅広い知識と技術を身に付けるチャンスを得られます。


療法科の新人教育 ~相談のしやすいオープンな環境~

  • 指導体制 新人OTごとにメインの指導者を中心としたチーム体制で指導を行っております。 質問や相談のしやすいオープンな環境を大切にし、日常業務から臨床業務、症例発表指導まで年間を通し丁寧にしっかりと指導いたします。

  • 新人研修の内容 PTOTST合同の研修や院内研修に加え、作業療法科の新人教育研修を実施しています。 研修内容は、リハ訓練におけるリスク管理、移乗をはじめとしたADL動作方法・介助方法、各種評価の実施方法、TBR版回復期CI療法やHANDS療法、プリズム適応療法など幅広い内容となっています。 全ての患者様に、当院の作業療法の理念に基づいた最善のリハビリを提供できるよう、新人、先輩ともに知識と技術を磨いてまいります。

平成31年度新人教育プログラム

基本をしっかり、さらに多彩なスキルを身に付けよう!!
医療安全対策/感染予防対策/接遇/職業倫理・臨床倫理・研究における倫理/防災対策/チーム医療・各部門の役割/FIMの評価/AED/病室環境について(ベッドの取り扱い・移乗介助方法)/よくあるインシデントから学ぶ安全対策/急変時の対応・リスク管理・バイタルサイン/歩行補助具・装具の基礎知識,歩行・階段昇降/記録・SOAP/SIAS評価/福祉用具の適合/訓練機器の用い方/OTの評価/ポジショニング/患側上肢の管理/関節可動域訓練/安静度評価・移乗/排泄評価・介助方法/入浴評価・病棟との連携/自助具/スプリント/物理療法(電気刺激・超音波・温熱)/家屋評価・指導/外出訓練/サマリー・連携パスの記載/嚥下障害/高次脳機能障害/TBR版回復期CI療法/HANDS療法/プリズム適応療法/ワークサンプル幕張版の活用/症例報告

定期的に知識・技術の習熟度をチェック

新人教育には、知識や技術の習熟度をチェックする「チェックリスト」と「臨床業務ノート」を使用しています。作業療法に必要な接遇、知識や訓練技術の習熟度と課題を先輩、新人相互に確かめ合いながら、作業療法士として成長していけるよう、新人にとって安全で無理のないペースを大切に指導を進めていきます。

チェックリストの例

A:助言・指導がなくとも一人で実施できる B:わずかな助言・指導があれば実施できる
C:十分な助言・指導があれば実施できる D:十分な助言・指導があっても実施できない
E:指導済みだが、未実施 F:未指導・未実施
項目 4月 5月 6月 7月
1.コミュニケーション
患者の権利や尊厳、守秘義務を守ることができる。
リハスタッフとしてふさわしい身だしなみ・言葉遣い・挨拶ができる。
患者の立場に立って考えることができる。
患者・家族の話を聞くことができる(傾聴)。
患者の権利や尊厳、守秘義務を守ることができる
2.リスク管理
患者の顔色や反応、バイタルサインから状態を把握できる。
カルテ・カーデックスから情報が読み取れる。
情報を統合し、リスク管理ができる。
転倒・転落に対する配慮及び予防ができる。
事故発生時の適切な対応が説明できる。

募集要項

現在募集を行っておりません。