Loading...

047-453-9000

お問い合わせ

活動報告Activity Reports

最新 講演・学会発表

講演

2021年4月

■第6回三団体合同研修会(日本介護支援専門員協会、日本訪問リハビリテーション協会、全国デイ・ケア協会)

WebArray

2021年介護保険制度改正後のリハビリテーションの視点
  • 近藤国嗣

2021年3月

■全国デイ・ケア協会 第8回デイ・ケアスキルアップセミナー

WebArray

生活期におけるリハビリテーション医療のスタンダードな考え方
  • 近藤国嗣
■第46回 日本脳卒中学会学術集会

WebArray

地域医療連携:脳卒中の地域包括ケア(シンポジウム「脳卒中医療の課題と対策~迫り来る2025年問題への対応~」)
  • 近藤国嗣

2021年2月

■令和2年度 第4回 生活期リハビリテーション医療にかかわる医師のための研修会(初級)(日本生活期リハビリテーション医学会)

WebArray

生活期のリハビリテーション医療の提供体制
  • 近藤国嗣
■第74回日本リハビリテーション医学会関東地方会 専門医・認定臨床医生涯教育研修会

WebArray

回復期脳卒中患者に対する下肢装具処方の基本と実際
  • 近藤国嗣

国際学会発表

2019年6月

■The 2nd International Symposium on Applied Abstraction and Integrated Design

Yokohama,JapanArray

Transcranial direct current stimulation on posterior parietal cortex biases human hand choice
  • Kento Hirayama, Takayuki Koga, Rieko Osu
■13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress

Kobe, Japan(Kobe International Conference Center & Kobe International Exhibition Hall)Array

Internal Consistency and Criterion Validity of the Newly Developed Scale of Motivation for Rehabilitation
  • Taiki Yshida, Shin Kitamura, Kazuki Ushizawa, Kunitsugu Kondo, Rieko Osu, Yohei Otaka
Stroke Survivors' Most Difficult Public Transportation-Related Tasks
  • Shin Kitamura, Kazuki Ushizawa, Seigo Inoue, Sachiko Sakata, Kunitsugu Kondo, Yohei Otaka
Anxiety about Using Public Transportation in Individuals with Stroke
  • Kazuki Ushizawa, Shin Kitamura, Sachiko Sakata, Seigo Inoue, Kunitsugu Kondo, Yohei Otaka
Change in Cortical Activity during Chopsticks Practice Using the Non-Dominant Hand
  • Sayori Takeda, Reiko Miyamoto, Kaoru Honaga
Influence of Different Speed Patterns of the Treadmill on Corticonspinal Excitability
  • Takahito Yasui, Yoshihiro Kai, Masahito Sugiyama, Shusuke Otaki, Kurodo Yamaguchi, Masayuki Tsuchida, Shunya Hikichi, TomotakaSuzuki, Kunitsugu Kondo, Kenichi Sugawara
The Relationship between the Longitudinal Changes I Spinal Pathways after Stroke and Leg Motor Function of Gait Pattern in Patients with Sub-Acute Stroke
  • Rena Mikami, Yoko Takahashi, Toshiya Nakajima, Kunitsugu Kondo, Michiyuki Kawakami
The Effects of Leg Motor Imagery Combined with Peripheral Nerve Electrical Stimulation on Corticospinal Excitability and Spinal Reciprocal Inhibition
  • Yusuke Idogawa, Yoko Takahashi, Tomofumi Yamaguchi, Shigeo Tanabe, Kunitsugu Kondo, Michiyuki Kawakami
The Changes in Spinal Reciprocal Inhibition During Motor Imagery in Lower Extremity
  • Hideto Nakayama, Michiyuki Kawakami, Yoko Takahashi, Tomofumi Yamaguchi, Kunitsugu Kondo, Eiji Shimizu
The Relationship between the Changes in Spinal Pathways after Stroke and Motor Function of Paretic Lower Limb or Gait Pattern in Patients with Sub-Acute Stroke.
  • Takahashi Y, Mikami R, Nakajima T, Kondo K, Kawakami M
the effects of cognitive stimulation therapy for the vascular cognitive impairment patients at rehabilitation hospital: a randomized controlled trial
  • Naoki Mori、Yohei Otaka, Kaoru Honaga, Daisuke Matsuura, Kunitsugu Kondo, Meigen Liu

2017年9月

■Asia Pacific Conference on Speech, Language and Hearing

TokyoArray

The Strategic Use of Japanese Kana Letters in an Aphasic Case with Word Meaning Deafness
  • Ayako OISHI, Yuki NISHIKAWA, Akiko TOKUYAMA, Kentaro KAJI, Kaoru HONAGA

2017年7月

■International Neurorehabilitation Symposium 2017

LondonArray

A new rehabilitation method combining motor imagery and peripheral nerve electrical stimulation in patients with stroke: A pilot study of three patients
  • Takahashi Y
  • Kawakami M
  • Okuyama K
  • Hiramoto M
  • Yamaguchi T
  • Suda M
  • Tashiro S
  • Otaka Y
  • Liu M

2017年4月

■The 6th Japan-Korea NeuroRehabilitation Conference

ToyamaArray

Optimization of electrode placement in tDCS: a simulation and experimental study
  • Ito D, Laakso I, Yamaguchi T, Tanaka S

国内学会発表

2021年5月

■第46回日本コミュニケーション障害学会学術講演会

WebArray

複数の伝達手段を利用することでコミュニケーション能力が向上した重度失語症の一例

大平佳奈、田村奈美、平松和嗣久

2021年3月

■第25-26回合同千葉県理学療法士学会

WebArray

小刻み歩行の原因が特定困難な患者に対し介入内容を検討した一症例

佐藤清花、松永玄、安部穂香、井戸川勇介、須田祐貴、井上靖悟、 紙本貴之、新藤恵一郎

非対称性の動作改善を目的にバイオフィードバックを用いた起立練習介入を行った脳卒中片麻痺患者

篠崎祥太、松永玄、里村茉純、井戸川勇介、須田祐貴、 井上靖悟、平松和嗣久

トレッドミル歩行により下肢の振り出しの円滑性および歩行速度が向上した頚髄損傷不全麻痺の一症例

鷹觜紺、平山健人、伊藤ゆうき、菅澤昌史、紙本貴之、新藤恵一郎

Lateropulsionに対し歩行能力改善を目的に 感覚フィードバックを用いた介入を行った一症例

澤田奈実、後藤悠人、石原千尋、羽根田陽平、井上靖悟、秋本知則

理学療法への拒否に対し 応用行動分析学的介入を実施し 歩行能力が改善した症例

高野圭太、松永玄、田所祐介、堀川真吾、井上靖悟、 紙本貴之、新藤恵一郎

自己身体能力認識が低下した 脳卒中患者に対しビデオフィードバック介入を実施した症例

長井大悟、松永玄、井戸川勇介、須田祐貴、中島俊哉、 井上靖悟、中尾桂子

■回復期リハビリテーション病棟協会 2020年度研究発表会

WebArray

退院後に独居となる脳卒中患者の内服自己管理自立への関わり方の検討

石川由布子、小林由佳

コンチネンスケアの充実による新規褥瘡発生率の減少-排泄委員会の活動を通して-

髙木朋子、丸山さつき、露口侑子、植田浩美

失語症患者の就労支援に対しインサイツプログラムを用いた一症例

細渕綾菜、牛澤一樹、熊谷将志、坂田祥子、補永薫

動作分析に基づき環境調整をしたことで食事動作獲得に至った四肢麻痺の一例

中村あゆみ、成田悠哉、坂田祥子、平松和嗣、辻川将弘

2021年2月

■第12回 千葉県脳卒中等連携の会

WebArray

看護職分科会(多職種カンファレンス:これからの災害時連携) 『コロナ対策下における家族支援・家族指導の変化』(回復期)

中西まゆみ、山﨑順子

2020年11月

■日本リハビリテーション看護学会 第32回学術大会

WebArray

経鼻胃管栄養患者に対する抑制実施と介助の判断基準の作成

大崎由貴、山﨑順子

最新 著書・論文

著書

■第5章 ケースで学ぶコミュニケーションサポートの実践「(1)脳卒中 重度失語症(在宅復帰目標)」

医歯薬出版株式会社

脳卒中・神経難病・がん患者の「言葉をつくる・声を出す」を助ける! コミュニケーションサポートブック / 85-88(2021.02)

森直樹

■急性期と生活期のリハビリテーション医学・医療との連携

医学書院

回復期のリハビリテーション医学・医療テキスト / Page24‐25(2020.08)

近藤国嗣・ 三上靖夫 日本リハビリテーション医学教育推進機構 他 監修

■図書紹介『チョムスキーと言語脳科学』

日本コミュニケーション障害学会

コミュニケーション障害学VOL.36 No.2 / p.77

竹本直也

■上肢機能障害のリハビリテーション

医歯薬出版株式会社

脳卒中 基礎知識から最新リハビリテーションまで / p.408-413

坂田祥子

■カンファレンスへの参加と必要な看護情報

メディカ出版

リハビリナース第12巻3号(通巻79号) / p.61-64

中西まゆみ

査読付き論文(英文)

■Poststroke Fatigue at Admission is Associated With Independence Levels of Activities of Daily Living at Discharge From Subacute Rehabilitation Wards

Archives of Physical Medicine and Rehabilitation / 2021 May;102(5):849-855.
  • Kazuaki Oyake ,Yohei Otaka ,Daisuke Matsuura ,Kaoru Honaga ,Naoki Mori ,Kunitsugu Kondo

■Reliability and Validity of a New Toileting Assessment Form for Patients with Hemiparetic Stroke

PM&R / 2021 Mar;13(3):289-296.
  • Shin Kitamura ,Yohei Otaka ,Yudai Murayama , Kazuki Ushizawa ,Yuya Narita ,Naho Nakatsukasa , Kunitsugu Kondo ,Sachiko Sakata

■Reliability and Validity of a New Transfer Assessment Form for Stroke Patients

PM R. / 2021 Mar;13(3):282-288.
  • Shin Kitamura ,Yohei Otaka ,Yudai Murayama , Kazuki Ushizawa ,Yuya Narita ,Naho Nakatsukasa , Kunitsugu Kondo ,Sachiko Sakata

■Cardiorespiratory mechanisms underlying the impaired oxygen uptake kinetics at exercise onset after stroke

Annals of Physical and Rehabilitation Medicine / 2021 Mar;64(2):101465.
  • Kazuaki Oyake ,Yasuto Baba ,Yuki Suda ,Jun Murayama ,Ayumi Mochida ,Kunitsugu Kondo ,Yohei Otaka ,Komito Momose

■Vitality index is a predictor of the improvement in the functional independence measure score in subacute stroke patients with cognitive impairment.

Neurological Research / 2021 Feb;43(2):97-102.
  • Daisuke Ito,Naoki Mori,Ayaka Shimizu,Ayako Fuji,Sachiko Sakata,Kunitsugu Kondo,Michiyuki Kawakami

査読付き論文(和文)

■回復期リハビリテーション病棟における脳疾患片麻痺患者の整容動作評価表「Functional Grooming activity Assessment(FGA)」の作成と信頼性・妥当性の検討

医学書院

総合リハビリテーション / 49巻3号 Page293-301(2021.03)

荒井果菜子、補永薫、武田さより、濱田洋子、坂田祥子、近藤国嗣

■右上肢片麻痺患者における普通箸の実用的な使用に関与する要因

一般社団法人 日本作業療法士協会

作業療法 / 39巻4号 Page426-432(2020.08)

濱田洋子、補永薫、武田さより、坂田祥子、近藤国嗣

■脳卒中患者のリハビリテーションへのモチベーションに関するシステマティックレビュー

一般社団法人 日本作業療法士協会

作業療法 / 39巻4号 Page468-477(2020.08)

吉田太樹、伊藤大将、渡邉翔太、大須理英子、大高洋平

■脳卒中患者に対する下肢装具処方 回復期リハビリテーション病棟における検討.

Journal of Clinical Rehabilitation / 28巻10号 Page1029-1034(2019.09)

中尾桂子、補永薫、須田万豊、山田祐歌、森直樹、近藤国嗣

■回復期リハビリテーション病棟における更衣動作評価尺度「Functional Dressing Assessment(FDA)」の作成と信頼性・妥当性の検討

医学書院

総合リハビリテーション / 47巻5号 Page469-476(2019.05)

武田 さより,補永 薫,荒井 果菜子,濱田 洋子,坂田 祥子

解説・総説・その他

■回復期リハビリテーション医療 ―これまでの20年,これからの20年―

公益社団法人 日本リハビリテーション医学会

The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine / 58巻5号 468‐481(2021.05)

近藤国嗣

■災害リハビリテーションの実際(これからの災害リハビリテーションのありかた)

医歯薬出版株式会社

Journal of Clinical Rehabilitation / 30巻3号 Page235-244(2021.03)

近藤国嗣

■令和2年度診療報酬改定におけるリハビリテーションに関連するアンケート調査結果報告書(解説)

公益社団法人 日本リハビリテーション医学会

The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine / 58巻1号 96‐101(2021.03)

近藤国嗣、川手信行、高岡徹、大高洋平、小口和代、神山一行、黒木洋美、小山照幸、菅原英和、中馬孝容、宮越浩一、石川誠、日本リハビリテーション医学会社会保険・障がい者福祉委員会

■リハビリテーション医療と身体拘束 (特集 明日からできる 現場発 身体拘束0(ゼロ)への取り組み)

メディカ出版

リハビリナース / 13巻6号 Page544-546(2020.11)

鈴木幹次郎、近藤国嗣

■持期の栄養管理とサルコペニア (特集 リハビリテーションにおける栄養管理とサルコペニア)

日本運動器科学会

運動器リハビリテーション / 31巻2号 Page122-128(2020.10)

土方奈奈子、近藤国嗣