047-453-9000

お問い合わせ

採用担当者よりMessage Message

看護部長からのメッセージ

つなぐリハビリテーション看護が実現する最良のリハビリテーション

東京湾岸リハビリテーション病院は同一法人との医療連携があり、急性期から回復期、退院後の生活への支援と切れ目のない治療と支援体制を提供しています。

回復期リハビリテーション病院ではより深く、患者さんとその家族に関わる時間があります。私たちはこの時間を使って患者さんの「その人らしさやいつものように」を軸に、退院後のその人らしい生活を実現することを目標とし、看護の力で寄り添いたいと考えています。リハビリテーション看護は人の一面を見ていては成功しません。患者さんの生い立ちやこれまでの生活・背景、発症から当院への転院、そしてその人らしいこれからの生活や社会的役割・生きがい、これら全てを見据えて、生活の再構築に向けて日常生活への援助を考え、またリハビリテーションが効果的に行えるように全身管理を行っていきます。

回復期リハビリテーション看護の役割の一つとして「つなぐ」ことがあります。当院の看護体制はモジュール型プライマリー制であり、プライマリーは患者さんの看護の方向性をチームに反映させる重要な役割を持ち、自分が不在でもプライマリーの患者さんに最適な看護が提供されるようにリーダーシップを発揮し、チームの看護を「つなぐ」役割があります。また、一人の患者さんに主治医、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、栄養士、薬剤師、全ての職種が一つのチームを組み支援します。各職種の強みをチーム医療に生かし、最良のリハビリテーションを提供できるように看護師もチームを強く「つないで」います。

また当院ならではですが、専門的な知識や技術を多職種と一緒に学び、回復期リハビリテーションの研究を実践しています。患者さん、ご家族とのより深い関わりや在宅支援をしながら、多職種と協働し、やりがいを持って働ける環境が当院にはあります。是非一度見学にいらして下さい。

東京湾岸リハビリテーション病院 看護部 部長長嶋 美佳