047-453-9000

お問い合わせ

理念と指針 Idea / Principle

病院指針

理念

私たちは、リハビリテーション専門病院として、医療・教育・研究、そして地域との融合を目指します。

基本目標

安全で質の高い医療の提供

近年、高齢化社会にともない、リハビリが必要である主疾患に加えて、様々な併存疾患をもつ患者様が増えてきております。このような患者様にはリハビリテーション領域外においても質の高い充実した医療の提供が重要です。

急性期医療を担う谷津保健病院との医療連携を強化していくことで患者様には一貫した質の高い医療を提供できるようにします。リハビリテーション科以外の医師の充実だけでなく大学や関連病院、ご紹介元の医師とのコミュニケーションのシステム化を図り、技術相談・交流を簡便にとれる体制を構築することで、多種の疾患に対しても質の高い対応ができるようにします。

常に高いゴールを目指す、挑戦する医療

高いゴール(高い機能・生活能力)を目指すことはリハビリ医療における最大の命題です。医療スタッフ一人ひとりが常に、より高いゴールを目指していることが、障害を持たれた中でも機能・生活能力を最大限に再獲得できる結果につながると考えております。当院では、従来のプログラムの単なる模倣や、特定の方法論などに固執することなく柔軟に、より効果性の高いプログラムを構築し、常に高いゴールに挑戦します。

切れ目のないリハビリテーションサービスの提供

救急・急性期医療からの受け皿となるだけでなく急性期治療時・治療直後から一貫したリハビリテーション治療方針に基づき谷津保健病院での急性期リハビリテーションも担います。医療保険によるリハビリテーションへの給付が日数制限により打ち切られるという制度環境において、当院では隣接の介護保険施設で通所リハビリ施設として継続的にリハビリテーションを提供し、住み慣れた地域での生活を支えます。

医療から在宅まで包括的でシームレスなリハビリテーションサービスを提供することで、早期退院支援サービス(ESD)を実践していきます。

科学的根拠に基づいた医療・科学的根拠を作り出す医療の実践

リハビリテーション医療における意志決定は従来、科学的証拠(EBM)より、経験に基づく判断が主でありました。

近年は様々な医療においてEBMが普及しつつありますが、リハビリテーション医療においては十分に実践されているとは言いがたい状況です。

私達はリハビリテーション医療におけるEBMを整理し、臨床でいかせるよう再編していきます。また、研究が行える体制作りをし、EBMを作り出す医学を実践するため、機器環境も整備し、大学との研究連携も強化していきます。

良質な医療者を社会に提供するための教育の充実

各種検査治療・装具作製などは上位医師との組み合わせで行うようにし、定期的な検討会を行い、正確で高いレベルの技術獲得を図ります。

各療法士・看護師などのスタッフ教育も症例検討会や勉強会、個々の指導担当者だけに任せるのではなく、全職種共通および個々の専門職種の教育プログラムを組み技術・知識の向上を図ります。

各スタッフに対しては中堅スタッフが技術・知識を伝授し、研究・特殊技術においてスタッフ個々に固有の強み(独自能力)を持たせていきます。